ジョークで盛り上がりましょう!

前回の投稿では、「イディオム学習」の大切を書かせていただきましたが、今回はジョークについてです。 ネイティブスピーカーが言うジョークで笑いたくありませんか? 彼らを笑わせたくありませんか? 「笑い」は円滑なコミュニケーションをもたらす大事な要素です。Physicalをともなうジョークは国境は違えど、おもしろくなくとも、少なくとも何が起きているのか理解することができます。ですが、言葉を使ったジョークを笑い飛ばすこと…これはかなり難易度が高いです。しかし、理解できたときの喜びは大きいものだと思います。この喜びを目指し頑張っていきましょう! さて今日は、実際にDailylingのイタリア語コースの「ジョーク」の中で掲載している記事を特別にご紹介いたします。 イタリア人は、小話やジョークを交えて会話をするのが大好きです。このようなジョークは日本でも十分に通用すると思いませんか??   Dailylingのイタリア語コースで掲載中の記事より抜粋——- Leggi di Murphy マーフィーの法則はイタリアでも言われています。Leggi di Murphyは、日常に起こるネガティブな状況を経験とユーモアをこめて要約した文を指します。「あるある」みたいな感じで使われているのです。 L’ultima porzione del piatto che avete deciso di prendere sarà scelta dalla persona che vi sta davanti. あなたが頼もうとした料理の最後の一皿は前の人が注文する。 Il toast cade sempre dal lato imburrato. トーストはいつもバターを塗った面を下にして落ちる。 これについてはテーブルの高さとトーストが落ちた時の面の関係で、180度の回転をするため、約80%の確率でバターの面が下になることがわかっています。 Se un cibo è buono, fa male alla salute. おいしいものは体に悪い。 Quando aspetti l’autobus alla …

なぜイディオムが必要なのでしょうか?

語学を学習する上で、文法や語彙を勉強することは必要不可欠ですが、外国語を「習得する」うえで大事な学習方法の1つに「イディオムの学習」があります。 イディオムとは、慣用句のことであり、話し言葉、日常表現などとも呼ばれています。教科書や文法書には、載っていないこのイディオムですが、何故勉強しなくてはならないのでしょうか? 知っている単語が並んでいても、意味が分からない時がありますよね?それは、実際ネイティブ間で使われている英語は、教科書英語とはかけ離れているからです。知っている単語だらけなのに、海外ドラマや映画を見ていても理解できないということはありませんか?実際に使われている言葉、日常表現を知っていなくては、理解することはできません。また、ネイティブとのスムースなコミュニケーションにはイディオムがとても大切です。そのためイディオムの学習が必要なのです。言語によっては、頻繁に慣用表現を使う言語もあります。 例えば英語の”I’m gonna hit the hay.” はイディオムですが、どのような意味でしょうか? hitは「打つ、当てる」 hayは「干し草」 という意味があります。しかしこれでは意味が分かりませんよね? これは「寝る」という意味です。 また、語源や背景を調べることによって、その国の文化を知ることができます。文化を知ると、よりその国、言語に興味をもち、モチベーションを持続させることができます。 Dailylingでは英語、イタリア語の頻繁に使われるイディオムを勉強することができます。 またレッスンで使用するストーリーもネイティブが書いていますので、たくさんの慣用句が出てきます。 スタートは無料のトライアルレッスンから!アカウントを登録して今すぐ始めましょう!    

習得への道

Dailylingのブログがついに始まりました。こちらではDailylingに関する最新情報をいち早く更新していきたいと思っています。 さて私共に寄せられるお声の中で「どうやったら語学が早く上達しますか?」というご質問をたくさんいただきます。皆さんご存じの通り、他言語を習得するにはそれなりの時間が必要です。具体的にどのくらい時間がかかるのでしょうか? ある調査で、英語を習得しやすい母国語とそうではない母国語が割り出され、それらは大きな5つのカテゴリーに入れられました。カテゴリー1は最も英語に近い言語で、習得するまでの時間も短く、約600時間の訓練で日常会話レベルの英語の習得ができます。ここにはフランス語などが含まれています。カテゴリー2にはドイツ語で約750時間が必要です。カテゴリー3にはインドネシア語やスワヒリ語などがあり約900時間です。カテゴリー4では、東ヨーロッパ周辺のたくさんの言語が含まれており、約1100時間を要します。カテゴリー5は、最も日常会話レベルの習得までに時間がかかるとされていて、文法的にそして文化的にも英語に最も離れているとされています。このカテゴリーには、中国語、韓国語、アラビア語、そして日本語が含まれており、英語習得までに約2200時間がかかるとされています。このデータはあくまでも参考であり、必ずしも全員に当てはまるわけではありません。 私達日本人が英語を習得するには、1日1時間の学習で2200日かかります。 しかし決してあきらめてはいけません。逆を言えば、2200時間という時間をかければ、英語を習得できるチャンスは誰にでもあるというです。 それでは、どういった勉強方法に時間を費やしたらよいでしょうか?どうやったら効果的に英語力をアップさせられるのでしょうか? 反復練習(復習)を行ってください。英語習得に必要なのは、反復練習とモチベーションの持続が一番大切だとDailylingは考えています。これはどんな語学を習得するにも共通です。時間がない時でも、1日5分間の勉強を続けましょう。新しいことを勉強したら、その復習にたくさん時間を割いてください。英語力が伸びやんでいる方、モチベーションの持続を意識して学習に取り組んでみましょう。新しい勉強法にトライするのもモチベーションを持続させてくれるでしょう。また、リスニング力、文法力、語彙力、スピーキング力をバランスよくアップさせることもやはり効果的な英語習得への鍵です。Dailylingでは、新しくスカイプレッスンパッケージが誕生し、リスニング力、文法力、語彙力、スピーキング力の全てにアプローチすることができるようになりました。英語とイタリア語、どちらにもスカイプレッスン付のパッケージあります。 私たちは「楽しみながら勉強」をモットーに内容充実したコンテツン作りを目指しています。 Dailylingで一緒に学習を始めましょう!お待ちしております!

イタリア語のSkypeレッスン!

皆様こんにちは!この度Dailylingはイタリア語のSkypeレッスンを始めました。 今まで語学教室まで足を運んでいた方も、自宅から楽しくイタリア語が話せるようになりました。スカイプレッスンの講師は、指導経験豊富な気さくで楽しいイタリア人講師ばかりです。イタリア語の会話には慣用表現がいっぱいです。本物のイタリア語を聞き、発話し、イタリア語スキルをDailylingでどんどん上達させましょう! 従来のスカイプレッスンが付いていないパッケージももちろん継続しています。 ↓詳しくはこちらから↓ スカイプレッスンレッスンの詳細